OUR FUTURE

太朗が語る 明日のサコダ

いっぱい一緒に失敗して、
大きな成功を
一緒に掴み取りたい

いっぱい一緒に失敗して、
大きな成功を
一緒に掴み取りたい

株式会社サコダ車輌
専務取締役 迫田 太朗
社長インタビュー写真

社員の幸せを一番に考えた経営をしていきたい

サコダ車輌は、経営理念に「全社員の物心両面の幸せを実現する」と掲げていて、経営の中で社員の幸せを一番に大切にしています。 物心両面というのは、給与などの待遇面と、「ありがとう」が飛び交う楽しい職場などの精神的な面を意味しています。 どちらも充実してこそ、仕事を通じて幸せになれると考えています。同時にどちらか1つでも欠けてしまうと、長く勤めることはできないのではないでしょうか。 私にとって、サコダ車輌の社員は何よりも大切な存在です。今いる社員、そしてこれから仲間になる方たちも含めて、全員が、仕事を通じて、長期的に、多面的に、そして根本的に幸せを感じる経営をしていきたいなと考えています。 サコダ車輌を利用してくださっているお客様は、社員が元気で楽しそうに仕事をしている姿を見て、「元気が出たよ」とか「応援したいと思ったよ」と言ってくださいます。 サコダ車輌の社員の働きぶりを見て、お客様や地域の方々が幸せを感じ、「ありがとう」と心から感謝の言葉をいただけることは、私にとって何よりの喜びです。 これからも社員の幸せを一番に考えた経営をしていきたいなと考えています。

お互いの頑張りを認め合える仲間がいる

社長インタビュー写真
今この瞬間が楽しいという職場や、今この瞬間に認めてもらえるという職場も良い職場です。 しかし、20 歳で入社して 70 歳や80 歳になっても長く働いていきたいと思える環境をつくっていくことも大切です。 そのためには、お互いの頑張りを認め合えることや、頑張ることが大変な時はお互いにそれを支援できる仲間がいることも大事だと思っています。 素直に相手に対して「ありがとう」と言える。失敗してしまったら「すみません」と言える。仲間から「一緒にやろうよ」「力を貸してよ」と言われたら、すぐに「はい」と素直に手が挙げられる。そんなメンバーと一緒に働きたいなと僕は考えています。

サコダのこれから、明日のサコダ

社長インタビュー写真
これからの自動車業界は、自動運転や電気自動車など、大変革が迫られています。一見すると、すごくリスクがあるんじゃないかとか、すごくピンチなんじゃないかって思われてしまう業界です。でも僕たちは、その変革というのをすごく楽しんでいて、「やっとサコダのチャンスが来たな」と思っています。 このなかなか来ないチャンスを目の前にして、僕たちは今まで以上にいろんな事業に挑戦をしていきます。正直、失敗もこれまで以上にするかもしれませんが、その中で掴み取るものはすごく大きいはずです。これからの新しい自動車業界を、サコダ車輌がリーダーシップを発揮して引っ張っていきたいなと考えています。僕たちが発信して、挑戦していくことで、その変化を楽しみながら成長していきたい。そのためにはそういうことを楽しんでくれる新しい社員が入社してくれると、すごく素敵ですね。 いろんな失敗を重ねても大丈夫な基盤がある会社にはなっているので、是非いっぱい一緒に失敗して、大きな成果と大きな成功を一緒に掴み取りたいと思っています。

VISIT US

サコダに行こう!
サコダはいろいろな形で皆様にお会いできるのを楽しみにしております。

インターンシップ

学生の方を対象としたインターンシップを開催しています!
インターンシップに応募する

会社見学会

サコダがどんな職場か、実際にその目で確かめに来てみませんか?
会社見学会お申し込み

出張会社説明会

お忙しい方のために!お近くの地域まで伺って会社説明会を行います。
出張会社説明会のお問い合わせ